Homeスポンサー広告どうでもよいニュース>●最近の邦訳アメリカン・コミックス。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

●最近の邦訳アメリカン・コミックス。

2013.11.28 Thu

▼最近の小芝居:

 あれえ、いつの間にかAmazon.co.jpで『デッドプール/パニシャー・キルズ・マーベル・ユニバース』が予約できるようになっているなぁ(棒読み)。

 デッドプールさんは大人気だから、一刻もはやく予約しなきゃ。

 おや、こんなところに商品への直接リンクがあるぞ。これはいい、さっそく予約しに行くとしよう(棒読み)。

デッドプール/パニシャー・キルズ・マーベルユニバース
デッドプール/パニシャー・キルズ・マーベルユニバース (MARVEL)カレン・バン ガース・エニス ダリバー・タラジッチ

ヴィレッジブックス 2013-12-20
売り上げランキング : 174136


Amazonで詳しく見る
by G-Tools




 その、日本においては「メタ」なキャラクターであることが、押し出されているデッドプールさんですが、本単行本収録の『デッドプール・キルズ・ザ・マーベルユニバース』は、そういう「メタ」な部分がメインな内容となっていますので、そのようなデッドプールさんを求めるファンにはオススメな1冊かと思います。

 あと、同様に、日本でパニシャーさんの話題になるときに、俎上にあげられがちな『パニシャー・キルズ・ザ・マーベルユニバース』も、ついに現物を日本語で読めるときが来ましたので、正に無敵の1冊といえるでしょう。


 あとは対象としているであろう若い読者層が、「2,625円」という価格に対して、いかなるリアクションをするか、というのが気がかりではあるのですが、まあ、オイラが心配してもどうにもならないですね(投げた)。


 今気づいたのだけれど、邦訳タイトルは『~キルズ・マーベル・ユニバース』で、定冠詞がないのですね。


 ……他に何かいいたいことはありますか、本単行本の翻訳と解説を担当した小池なんとかさん。

「すみません、わたくしうっかりしておりまして、デッドプールのセリフを訳すにあたり、“オレちゃん”という1人称を1度も使いませんでした」

 ははは、うっかりさんですね。

「ええ、うっかりです」

 2度いうと嘘くさいです。

「正直なところ、“セリフを考えるのはライターの仕事であり、翻訳側で安易にアイデアを上乗せしてしまうと、ライターの仕事を台無しにしてしまいかねない”と考えまして、原文以上にハシャいだセリフ回しにしないよう心がけてみました。“オレちゃん”という1人称を採用しなかったのもその一環ですね」

 なるほど、そうでしたか(適当な相槌)。

「その代わり、“オレさん”という新たな1人称を編み出してみましたがどうでしょう」

 すごく……駄目だと思います。

「ともあれ、デッドプールの主役作品と、ガース・エニスの作品の邦訳に携われたことを名誉に思います」

 ありがとうございました(<なんか普通のインタビュー原稿のシメみたいになってるぞ)。


 以上、そんな感じで。
  
  
関連記事

コメント

コメント投稿

Private

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ironjoe.blog7.fc2.com/tb.php/479-2b0110c1
この記事にトラックバックする(FC2ユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。