Homeスポンサー広告トランスフォーマーズ>●生存報告とヘイル・トゥ・メガトロン。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

●生存報告とヘイル・トゥ・メガトロン。

2014.09.17 Wed

▼生きてます:

 てます。

 一応。

 ええ(テンション低めで)。

 まあその、色々あって「消費」に重点を置いた日常を送ってたら、「生産」をする気が全く起きなくなって、テキストとか書く気をなくしてました。すみません。

 とりあえず、消費すべきリソースは使い切った感じなので、そろそろ精神状態が生産的な方面に切り替わってくれるのではないか、と思います(希望)。


 こう、11月頃に小学館集英社プロダクションから出る『トランスフォーマーズ』の邦訳コミックスが『オール・ヘイル・メガトロン』に確定した模様で、それすなわち単行本2冊分くらいはコミック版『トランスフォーマーズ』が刊行されるんじゃないか、下手をしたら4冊くらい出るのでは、とかいう将来の希望が見えてきたことから、もう少し生きてみようと思いました。

 ……でもハードカバー版が定本になってたら1冊で終わっちゃうか。


▼『トランスフォーマーズ』の邦訳についてトリトメなく思うこと:

 どうでもいいけど、『All Hail Megatron』を『オール・ハイル・メガトロン』と表記してる方をママ見受けるけど、「Hail」は「ヘイル」ね(邦訳タイトルのリーク元である「アメコミ魂」のツイートにしても、「平いル(ヘイル)」と表記してるので念の為)。

 ……今フト思い立って、「オール・ヘイル・メガトロン」でググったら「もしかして: オール・ハイル・メガトロン」とか言われたよファッキン!

 多分、「ハイル・ヒットラー」とか「ハイル・ブロッケン」的なドイツ語のイメージから、つい「ハイル」と書いちゃうのでしょうが。こっちはこっちで「Heil」と書いて「ハイル」と読むのよね。ややこしい。


 ちなみにオイラも若い頃には「Hail」の発音が咄嗟に「ハ」「ヘ」かで迷うことがありましたが、そんなときは脳内でMANOWARの「Hail to England」のサビ(「Hail & Kill」でも可)を思い出すことで、「ヘイル!」と自信を持って発音することができました。ジョーイ・ディマイオ閣下に感謝であります。


※編註:このエントリを書いた当初はこの辺りにYoutubeにアップされてたMANOWARの「Hail to England」へのリンクを張ってましたが、該当の動画が削除されたのでリンクを外しました。


 諸君らもこの曲を聞いて、スタンディング・トール&ライズ・ハンズしつつ、正しき発音をプラウドリー・セイするのである。HAIL!


 あと個人的に『トランスフォーマーズ』の邦訳にあたり、割かし気になってるのは「メガトロンの一人称がどうなるのか」っていう、ソレですが。

 いやこう、日本のG1テイストの諸作品に置けるメガトロンの一人称って、『戦え! 超ロボット生命体トランスフォーマー』を踏襲して、「ワシ」ってされるケースが、ママあるじゃないですか。

 でもIDW版『トランスフォーマーズ』のメガトロンって、個人的には、一人称「ワシ」で喋るような老獪なキャラクターじゃなくて、も少し若い革命家なイメージなんで、まあ普通に「オレ」でいいんじゃないかなぁ、と、思うのね。

※いつも言ってますが、あくまで「個人的には」ですので。

 つか、IDW版のメガトロンって、オプティマス・プライムより年下っぽいよね。ノートに綴った若さ溢れるポエミーな革命論をオプティマスに読まれて、「いいこと書いてるね」って肩を叩かれてる、あの有様見るに。

 そんな感じで、IDW版バンブルビーも「オイラ」ってイメージじゃねぇよなぁとか、ドリフトの一人称が「拙者」とかになっちゃうのかなぁとか、でもスタースクリームは「オレ様」でOKね、スタスクだしとか、邦訳版の各キャラクターの一人称について想像をめぐらせつつ、11月の刊行を待ちたく思う日々でありました。

 とかなんとかそんな感じで、毎度トリトメなく。
  
  
関連記事

コメント

*

それなりのポジにあって若くても威厳があるカンジなら
無難なトコで「余は」ですかね。

どうでもいいがナチス被害者で鳴らすマグさん(こちらもカリスマはあってもイマイチ人望がなくて自称「余」が似合う がFFでNYを占拠した時にアトラン兵が手を挙げて「ハイルマグニートー」とか「ハイル地球大帝」とか平気で言わせてたのは違和感ありまくりだったり。
光文社版訳だけでなく原書もままなんだもんなぁ、ただの悪党だった頃は行状含めてフリーダムよなぁ。

*

>無難なトコで「余は」ですかね。
うむう。個人的には「余」「我」とかは、
「日常で使ってる人見たことねぇ」とかいう理由で、「ワシ」よりも
避けたいかも(ワガママ)
「余」「我」が許されるのって、シルバーエイジ以来の
マーベル古参キャラまでですぜー、みたいな。

こないだ昔のX-MENを延々と読み返してたんですが、
マグニートーさんは、悪役時代は色々と、言動のヒドい人でしたな。
そら宇宙人も面白がって母星に土産に持ち帰るぜ、的な。

……あと、初期のプロフェッサーXも教育者としてかなりヒドいのですが、
これはスタン・リーが、展開を迷走させてた被害者みたいなもんか。

コメント投稿

Private

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ironjoe.blog7.fc2.com/tb.php/508-568400a8
この記事にトラックバックする(FC2ユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。