Homeスポンサー広告日記>●最近のわたくし。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

●最近のわたくし。

2014.11.01 Sat

▼最近のわたくし:

 こう、特に意味もなく、ミニ四駆ブームが到来しました。

(本当は意味があるのだけど、色々説明するのが面倒くさいので、「意味もない」ことにしといてください)

 そんなわけで、完成さしたミニ四駆をミニ四駆ジャパンカップのコンクール・デレガンス(まあ、速さより見栄えを重視するコンテスト)に出品してみた。しかも、リアクションに困る類のを。リンク先の右側の写真、リラックスしてそうな方ね。

 まあ、賞的にはハシにも棒にもかかりませんでしたが、色々得るものはあったので、もう少し修行を積んで、来年のミニ四駆ジャパンカップでも出品してみたいと思いました(小学生以下の感想)。


▼最近の邦訳アメリカン・コミックス:

 こう、お仕事で『ダークアベンジャーズ:モレキュールマン』の解説を書く過程で、ホークアイがリーダーを務めてた時期の『サンダーボルツ』なぞを読み返してましたが。

 具体的には、『ダークアベンジャーズ:モレキュールマン』の方で、ムーンストーンが「あたし、ホークアイが好きやねん」的なセリフがあったんで、過去にムーンストーンとホークアイがどの程度親密だったのかを調べてたんですが。

 ところが、これが案外、描写がないのよね。

 まず、カート・ビュシークがライターだった頃は、ムーンストーンが全裸でホークアイと抱き合ってる所をわざとチームメイトに見せる(※ムーンストーンさんは意志の力でコスチュームを具現化させてるので、思い立ったらすぐ全裸になれるのです)、とかいうシーンが1回あったきりで。しかもムーンストーンさん、明らかにチームにいらぬ混乱をもたらすためだけにやってんのね。

 でー、その辺の話が、あんま掘り下げられるわけでもなく、ライターがビュシークからファビアン・ニシーザに替わってな。しばらくムーンストーンとホークアイの絡みもなかったんで、「あぁ、あの設定、拾われなかったんやな」とか思ってたら、「休暇で山登りしてたホークアイの前にムーンストーンが現れて、なんかいい感じにアプローチしてやがるぜ」的な話が挟まれて、そっからのイシューは、徐々に2人が付きあってる風なシーンが挟まれるようになってて、「あら、ニシーザさんたら、この設定拾うのね」的な感じでしたよ。

 でもまあ、ビュシーク時代の「全裸でホークアイに抱き着いて思わせぶりにカメラ目線でニヤリ」なシーンが印象に残ってたんで、「ああ、これ、最終的に裏切るな」とか思って読み進めてったら、第50号で諸事情によりホークアイさんがチームを離脱することになったシーンで、互いに「あいらーびゅー」「あいらーびゅー」いいながらキスをしてお別れとかいう感じで「えぇぇ! 本気だったのお前ら!?」とか、突っ込んじゃいましたわ。そっちはニシーザは拾わなかったのね、と。


 あとついでに、『サンダーボルツ』第100号をようやく読みましたけど、ジェニス・ベルさんがもの凄いアッサリと死んだというか、見捨てられたのにアゴを外しました。なにあれヒデェ。


▼最近の邦訳アメリカン・コミックス・2:

 新刊『キャプテン・アメリカ:リボーン』のチラシによると、「シビル・ウォー:クロスオーバー1」として通販限定で刊行された、例の一連の単行本が再販される様ですね。

 Amazon.co.jpのマーケット・プレイスで「シビル・ウォー:クロスオーバー1」の各巻にファッキンなプレミア価格がつけられてて歯噛みしてたボイズンガールもこれで一安心ですね。

 ちなみにオイラ、『キャプテン・アメリカ:リボーン』の方でも解説テキスト書いたんで、発売日よりも数日前に見本誌をもらってまして、すなわち皆様よりも数日前に、この情報を掴んでたんですが。

 ……あれだ、再販の情報が出回る前に、ほどほどの値段で「シビル・ウォー:クロスオーバー1」をマーケット・プレイスで転売すれば、ちょっとしたお小遣い稼ぎできたんじゃね? とかいうアサマシイ考えに、つい昨日考え至りました(遅せぇ)。

 しまった! インサイダー取引の絶好の機会を!(棒読み)

  
▼あと何か言うことはありますか:

『オール・ヘイル・メガトロン』の発売が延びましたね。

 発売されるまではがんばって生きたいと思います。
  
  
関連記事

コメント

*

>ジェニス・ベルさんがもの凄いアッサリと死んだ
メリッサにモーションかけてると思ってチーム不和を嫌ったエリックさんにボコボコにされて海に棄てられるとか碌な目にあってないよな・・・

自分的にはホークアイのキャリアの割りにイイ大人が感が拭えないキャラが嫌いなのでリーダー期はウゼェキャラだな、ってのがあったんですが、まぁヴィランあがりの更正キャラでアベメンバーで顔が広いキャラっつうと彼が当てられるのはしょうがないんですけどね。でもリボーン&リターンもいまいちパッとしなかったキャップがリーダーでも良かったんですよ?(暴言
でもリーダーといえばジーモさんの安定感には敵わんがな!

*

>ビートルさん
いやもお、アトラスにぶん殴られて長いことチームに合流せずとか、
あからさまにヒドイ扱いされてましたよね>ジェニスさん
なんつーか、チームの新メンバーというより伏線張る道具扱いというか。

ホークアイさんのリーダーブリは、まあ、「実は悪人に変装してキミらの能力を試してたのだ!」な初登場からして、いつものホークアイさんのドヤ顔全開で、良くも悪くもいつものホークアイさんでしたね。ええ。
ビートルを自首させた後にソングバードと恋仲になりかけてたときの「どうすんだ、コイツ」感もさすがホークアイさんというか。

まあ、『サンダーボルツ』というコミック全体で見ると、「ジーモさん不在期」みたいに大雑把にくくられてる感はありますが、割と嫌いになれないかも……(<的に、正面切って「スキ」といえない微妙さもまたホークアイさんらしいというか)。

おかしい、ホークアイさんホメようとして書き出したのにホメてない。

コメント投稿

Private

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ironjoe.blog7.fc2.com/tb.php/511-5f8241b7
この記事にトラックバックする(FC2ユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。