Homeスポンサー広告ボルトロン>●ごく最近のボルトロン(ぽいもの)。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

●ごく最近のボルトロン(ぽいもの)。

2014.11.13 Thu

▼手短な話:

 マッドトイズ(Madtoys)とかいう、頭の悪げな名前のインディーズ系の玩具メーカーがありまして。

 そこの、多分、第1作目の商品として、「無限合金(Infinity Gokin)」という、これまた頭の悪げなブランド名で、

 「百獣の王者(King of Beast)」とかいう、……まあ、版権的にアレな商品を、出すことをアナウンスしてたですよ。

 Youtubeに「百獣の王者」のレビュー動画があったんで、まあ、これ見てもらえると、どういう商品かが分かるかと思いますが。





 でー、昨日くらいに、出荷される予定だったんスよ。この玩具。

 が、その昨日に、突然にMadtoysのホームページが突然消え失せ

 Facebookのアカウントも消失し

 ……ということがあってな。

 でー結局、「百獣の王者」の製品が出回ってないみたいで。

 なんだか解らんけど面白いなぁ(小学生以下の感想)と、思いました。


▼オマケ:

 本家WEPから2011~2012年にかけて放映されてた、新作カートゥーン『ボルトロン・フォース』(全26話)についてのエントリを書きかけてて、まあ、一向に完成してなかったのだけれど、この機会に、Youtubeに何話かアップされてる本編へのリンクだけでも貼っておこう、と思ったので、そうする(一応いっとくけど、アップロードしてるのは、ボルトロン公式アカウントね)。


 
 サムネイルを見れば解るように、この『ボルトロン・フォース』では、新ギミックとして「ブラックライオン以外もボディになれる」「ボディになるロボットによって、武器が変化する」というソレがあるのですが(サムネイルの画像はハンクの乗ってるイエローライオンがボディになってて、ブレージングソードの代わりにブレージングハンマーで戦う)。

 ……まあ、アニメのウソ全開のギミックで、商品化できねぇだろソレという感想を当時抱いたものですが。

 実際、玩具のライセンスを取得してたマテルは、トイショーで『ボルトロン・フォース』版のトイの試作を発表したものの、結局商品化には至らなかったし。

※一応、『ボルトロン:ディフェンダーズ・オブ・ジ・ユニバース』版(要するにゴライオン)のフィギュアをコミコン限定で出したけど、その1体で終わっちゃったのよね。


 っつーか、iTunesとかの北米の動画配信/販売サイトだと、『ボルトロン・フォース』はおろか、ソフト化されてない『ボルトロン3D』ですら、購入できるのよね。

 いや、日本のアカウントだと買えないけど。

 まあ、北米のアカウントを作れば買えるけど(詳細は「iTunes 北米」でググればいくらでも出てくるので略)。

 そのうち北米のアカウント作ろうかなぁ……と思い続けて何年経ったことやら(他人事のように)。
  
  
 などと、適当に『ボルトロン』関連のネタを振りつつ、Youtubeへのリンクを貼って、それなりな長さのエントリがでっち上げられたので、オワル。

 エンディングPV:『ボルトロン:ジ・エンド』 (※ファンフィルム)


  
  
関連記事

タグ:アメリカン・トイ

コメント

コメント投稿

Private

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ironjoe.blog7.fc2.com/tb.php/512-af01dd89
この記事にトラックバックする(FC2ユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。