Homeスポンサー広告日記>●最近のガンプラ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

●最近のガンプラ。

2014.12.09 Tue

▼はじめに:

 今回はアメリカン・コミックスとか関係なく、ガンダムのプラモを作ったよ、とかいう話が延々続きますので、そちらの方面に興味のない方におかれましては、そっとブラウザを閉じることを推奨いたします。


▼ガンプラを作ったぜ、な日々:

 絶賛放映中の『Gのレコンギスタ』に登場するモビルスーツ「グリモア」が、何だかグッと来るデザインだったので、プラモデルを買った。

 んで、このグリモアのプラモデルの出来も実によろしくて、「こらぁ単に組み立てるだけでなく、色まで塗って完成させなアカン」とかいうココロモチになった。

 そんな訳で、久々にラッカー系塗料を引っ張り出して、塗装をしました、というハナシ。

 要は、こんな感じ。


 むせる

 やはり、サンライズのリアルロボットアニメの量産機カラーといえば、この2色のグリーンですね(そ知らぬ顔で)。


 塗装レシピ:ガイアノーツ(※プラモデル用塗料メーカ-)の「ボトムズカラー」の「ATSP-01 レッドショルダーセット」を特に混色もせずビンから出して塗り倒しました(<そういうのはレシピといわない)。

 っつーか、「ATSP-01 レッドショルダーセット」って、「ブラッドレッド(レッドショルダーの右肩の赤)」が、容赦なく他の塗料と同じ分量(15ml)入ってて、使い切れる気がしないのですが。ガイアノーツの公式サイトだと、「ブロックヘッドの本体色の赤にも使えるよ」と書かれてますが、俺はブロックヘッドはオリーブドラブで塗る派なんだよ!(<ひたすらどうでもいい)


 今回、下地を作ったりせずに、衝動に突き動かされるままに本体色を塗り出しちまったのですが、ラッカー系塗料はその特性上、下地の色が透けるので(横山 宏の受け売り)、塗っても塗ってもグリモアさんの成型色の黒と茶色が透けてしまって難儀しました。毎日帰宅したら一通りのパーツに塗料を塗り重ねる、っつー作業を2週間ぐらい繰り返してようやく下地が見えなくなったですわ。

 最終的にはあえて塗り残したり、エッジをスポンジヤスリでこすることで黒の成型色を露出させて、塗装のハゲた部分が酸化して黒ずんでるっぽい感じにもしてみましたが。


後日、背中も撮っとこうと思い立って撮り直したら色味が変わった。

 んーで、まあ、あとはガンダムマーカーだのパステルだのでウェザリングしてったですが、シロウトがウェザリングに凝り始めると、薄汚い風合いになるだけなので、この辺にしときます。


▼今回気付いたこと:

 こう、ラッカー系塗料の筆塗りってのは、自分の塗り方に合った薄め液(要はシンナー)を選ぶことが大事だってことに気付いた。

 オイラはどちらかというと、やや薄目に塗料を溶き、あえて筆目を残す感じで、下地を侵さずサッと塗る……って感じの塗り方なんですが、その場合は通常の「Mr.うすめ液」よりも、より揮発性の強い「Mr.ラピッドうすめ液」で溶いた方がいいなぁ、みたいな。

 ……まあ本当は「Mr.ラピッドうすめ液」以上に揮発性の高い「Mr.ツールクリーナー改」(<洗浄用シンナーなので、溶剤分がスゲェ濃い=スゲェ勢いで揮発する)が性にあってたのですが、アレを恒常的に使ってると、筆の消耗が激しい(筆の根元で穂先をまとめてるプラスチックのリングが崩壊する)のでヤメました。

 逆に筆目を残したくない塗り方のときは、リターダー(乾燥遅延剤)の入ってる「Mr.レベリングうすめ液」を使う、みたいなね。

 そんな訳で、みんなも自分好みのシンナーを見つけてみるといい(その言い方はやめれ)。

 つか、調子に乗って3、4種類くらいシンナー買い込んだので、これらを使い切るまでは模型趣味を続けたく思いました(2個目のグリモアを開封しつつ)。

 っつーか、ウェザリング用にGSIクレオスのパステルセットとアクリル溶剤を買ったんですが、家に帰ったら机の引出しの奥から全く同じパステルセットとアクリル溶剤が出てきたり、樹脂系接着剤買ったら、やっぱり家に半分ほどしか使ってない接着剤があったり、面相筆買ったら、同じ番手の面相筆があと2本出てきたり、こう、久々に模型作るとダブって用具買っちゃうなぁ、と(ソレはあなたが物忘れがヒドいだけでは)。
  
  

レッツ、シンナー!!(やめれ)
  
  
関連記事

コメント

*レッツがンぷらバトル!!

>レッツ、シンナー!!(やめれ
よい子のみんな、閉めきった部屋で暖房ガンガン焚いてデストロイドモンスターの塗装なんてもっての外だぞ❗
立ち上がった途端数秒失神した、そんな高校時代。

まぁ素のジャハナムがザクポジっぽいのでグリモアにも合うのは道理か。個人的にはもうちっと三度傘的に頭を大きくして欲しかったかも。ナイキックっぽい変形のエルブルックのデザインが好き。
>ボトムズカラー
昔は試行錯誤して塗料を調合したもんですが、ダグラムカラーなるサンライズチャートカラーが登場、当時のライトモデラーに福音が。今でもあるんですな。調合の難しかったブロックヘッドのダルレッドなんか重宝しまくりでしたし、外のプラモにも使いまくりでしたわ、タカラって偉大だ。

*

>ビートルさん
返信遅くなりましてすいません。
そんなズボラなオイラですが、ラッカー系を塗る時だけは、徹底して歓喜をしております。ダメ、密室、絶対。

そして懐かしいですなタカラのダグラムカラー。
個人的にはタカラといえばレベルカラーにお世話になりましたが。ズドンとした円筒状のガラスビンで、量が多くて重宝したモンです。Mr.カラーも量が減ったよなぁ(……いや、今はうすめて使うようになったんで、今の量でもテンデ使い切れないですけど)。

 今回、パステルとか買いに模型屋行ったんですが、スケールモデルの分野もダグラムカラー的というか、「ドイツ陸軍のカラーチャートにしたがって再現した戦車の色」はもちろん、「戦車の明るいところに塗る、ちょっと明るいカーキー」とか、「ソビエトの冬の泥炭の色味を再現したパステル」とか、これを筆から出して塗りたくれば「ホンモノ」になるよ! 的な製品がもの凄ぇ増えておりますな。タカラには先見の明があったのだなぁ、と。

 とりあえず、スコープドッグの緑って、ザク系の緑でもあるので、次回もそっち系のを組んで、まだまだ残ってるボトムズカラーを消費したく思います(レッドショルダーの赤が使いきれる気がしませんが)。

コメント投稿

Private

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ironjoe.blog7.fc2.com/tb.php/515-92c70122
この記事にトラックバックする(FC2ユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。