Homeスポンサー広告日記>●Kindleのアフィリエイトは案外イケる、あとAmazon.comの電子書籍は魔窟だぜ、な日々。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

●Kindleのアフィリエイトは案外イケる、あとAmazon.comの電子書籍は魔窟だぜ、な日々。

2015.01.13 Tue

 こう、『マーベル・マンガバース』版スパイダーマンの話をするツモリでしたが、急遽予定を変更しまして、さっき発見したささやかな事実(タイトルそのまんま)を、ライブ感覚でエントリにします。


▼Amazonアフィリエイトな話:

 やったぜ! こないだのエントリに貼ったAmazonアフィリエイト・リンク経由で『Split!』のKindle版が2冊売れたぜ!(ショボイとかゆーな)

 つっても、近年のAmazon.co.jpのアフィリエイトの紹介料は定価の3%前後になってて、『Split!』自体定価がお安いので、多分、うまい棒1本も買えない程度の紹介料しか(アフィリエイトの管理画面をイジりながら)……うまい棒5本買える位の紹介料が貰えてる!?

※ちなみに、現在のうまい棒は税込11円なのですが、それだと計算が面倒くさいので、このエントリに限っては「1うまい棒=10円(税込)」とします。

 ……今知りましたが、Amazon.co.jpのコンテンツであるところのKindleの電子書籍は、Amazonアフィリエイトの紹介料率が8%前後と、紹介料率が優遇されてるのですね。


 例えば、ウチのブログの超ロングセラーであるところの『エンパワード』第1巻は、ソフトカバーだと1700円前後(今は在庫切れでマーケット・プレイスの商品のみになってるので、値段はマチマチ)で、でもって書籍の紹介料率は3%前後なので、1冊売れると約1700円÷100×3=51円前後の紹介料が入ってくるのですが。

 これがKindle版『エンパワード』だと、現在の定価が610円で、現在の紹介料率が8.03%なので、610円÷100×8.03=49円(※正確には48.983円を切り上げて49円)と、定価の安さにもかかわらず、ソフトカバー版とさほど変わりない紹介料が入ってくるのね。

 これは良いなぁと思ったので、これからもKindleの電子書籍の紹介をしてって、うまい棒を30本ぐらい買えるようになりたいと思った(毎度、しょうもない感想ですみません)。


▼本日の「オススメしない」電子書籍:

 っつーワケで、本日も電子書籍を紹介してみる。紹介するだけで、購入はオススメしませんが(真顔)。

 ブツはBFT Booksとかいう会社の出してる電子書籍全般なのですが。

 実に全くオススメしないので、あなたが「Kindle Unlimitedの30日間無料お試し期間中なので、全ての電子書籍をタダで読めます」とかいう人でない限りは購入しないで下さい。ええ。

 KindleもしくはKindleアプリをお持ちの方は、とりあえず、サンプルをダウンロードしてみるといいでしょう。

 多分、そのサンプルは、「ネットから拾ってきた適当な画像」としか言い様のない感じのイラストが1枚表示されるだけでしょう。

 この時点で、嫌な予感でゾクゾクしてきますね。


 引き続いて、Amazonのレビューなぞを見てみましょう。大概のレビューが「☆1つ」です。イカしてますね。

 でもって、レビューの文章はこんな感じです。

「数枚のちっちゃいイラストが入ってるだけ」

「イラストだけで文字がない」

「これは本とはいえない」

「明らかにオフィシャルサイトからダウンロードしてきただけの画像です」

「スクリーンショットが数枚入っているだけ」

「Googleの画像検索の方がマシ」

「サンプル見てから買うんだった」

「内容がないよう(contains no content)」

「何故Amazonのレビューには☆0がないのか」

「買ってはいけない」

「買うな」

「waste of a download」

「waste of money」

「waste of life」

「Amazonに通報しました」


 こう、インターネット黎明期の、その辺から拾ってきた版権イラストやファンアートを適当に貼り付けつつ、エロサイトへのリンクを紛れ込まして広告料を稼いでたサイトを思い出しました。

 もしくは、2年ほど前にウッカリ買ってしまった、忌まわしき本を思い出しました。

 あるいは、こないだ逮捕された、秋葉原で無版権のアニメキャラのステッカーを売ってた人とか。


 っつーか、Amazon.comの電子書籍の審査は、こんなモンでも通るのですね。

 俺も真似しようかなぁ。──Amazon.comなら日本の版元の目が届かなげだし。

 こう、pixivあたりから拾ってきたイラストで、適当に「Kan-Colle MANGA!! (English Edition)」とかいう感じの電子書籍を無数に作って……(冗談でもこういうことを書き連ねるのがイヤになってきたので以下略)。
  
  
関連記事

コメント

コメント投稿

Private

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ironjoe.blog7.fc2.com/tb.php/519-08fea8aa
この記事にトラックバックする(FC2ユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。