Homeスポンサー広告日記>●どうでもよき日々また日々。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

●どうでもよき日々また日々。

2015.02.26 Thu

▼どうでもよき感想:

『有害都市』の第8話が更新されてましたね。

 例の「有害指定を避けるのに有効な方法」が、中堅どころの出版社の青年マンガ誌の編集者が、配属初日に覚えるレベルの「業界あるあるネタ」で腰砕けだなぁとか、担当編集者に何も相談もせずに原稿に手を入れるのは作劇上のご都合ですなぁとか、ちょいとレギュレーションを課せられた程度で手が止まって人前で泣きだす豆腐メンタルの主人公に全く共感できないなぁ、とか、そもそも、暴力シーンのパーセンテージって、紙の単行本になるときに考えるべきものなのに、ウェブ連載の時点で考えるのって意味なくね? とか、ていうかもっと厳し目のレギュレーションのジャンルで傑作を生み出すべく奮闘しているクリエイターに対して失敬なハナシだよね、とか、アメリカ人と別れてから、アメリカ人とスカイプで話すまでのシーンに「結構な時間が経過しました」的な演出が一切ないので、主人公が数時間しか悩んでない感じに読めてしまうのは演出的に悪手じゃね? とか(背景が白すぎるのも、時間経過が感じられない一因だと思う)、なんだかアラ探しばかりする感じの姿勢で作品を読んでいる自分に気づいたので、「いかんなぁ、もっと純粋にフィクションを楽しまないと」と、反省しました。

 あと、この後、20行に渡って、

「“レギュレーションを課せられることは自由な表現を規制するものであり、面白いマンガを描く上で枷でしかない”的な描き方は、一面的だと思う」

「レギュレーションは時にクリエイターを発奮させ、実力以上のアイデアを閃かせる存在であると思う(時に、ね)」

「表現技法の引き出しが少ないのを、表現規制のせいにして、“僕は面白いマンガを描きたいだけなのに”とか泣き言をいわせるって、あまりに主人公が表現者として無能過ぎね?」

 とかいう感じの文字を書き連ねてましたが、なんだか収拾つかないし、「もはやアメリカン・コミックス関係ないよね」と、突然我に帰ったので、清書するのをやめて削除しました。

 君らもこんなヤクタイもないブログなぞ読んでないで寝たまえ。
  
  
<完>
  
  
関連記事

コメント

*はじめまして

ツッコミどころのパーセンテージも単行本とかになるまで考えないようにして読むというレギュレーションを読者側が自主適用する方針で読むことにボクはしました
…単行本でツッコミ所の割合減ってたらそれはそれで寂しいですが
ボクはTPBとかでしれっと修正する魔法はあんま使って欲しくない派です
追加はともかく「消す」方向はちょっと…と思ってしまいます

*

>U-RAさま
返信の方、遅くなりまして申し訳ありません。
そういや、『有害都市』って、まだ単行本は出てないんでしたね。
アメリカン・コミックスのTPBは、近年、修正が入るケースも増えてきましたが、個人的には、演出ミスとかで解りにくいと指摘されてた箇所は修正して欲しいなぁ派ですかね。

日本のマンガは「消す」よりは、オマケページとかで更に内容を充実させる、といったやり方の方が一般的ですが、「単行本にしてみたらエロの割合が予想より多かったので、その分オマケページを足して総ページ数自体をカサ増しする」とかいう小技もあるようです。

だから、『有害都市』の作者は、総ページ数に対してのバイオレンス描写の割合について悩むなら、単行本の台割を作る立場である担当編集者さんに、まず相談すべきなんですけどね……(いやまあ、それをしちゃったら、お話として成立しないのですが)。

コメント投稿

Private

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ironjoe.blog7.fc2.com/tb.php/531-7490dffb
この記事にトラックバックする(FC2ユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。