Homeスポンサー広告資料風なソレ>●俺メモ:「某コミックスに出てくるエヴァンゲリオンっぽいロボ」についての覚書き。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

●俺メモ:「某コミックスに出てくるエヴァンゲリオンっぽいロボ」についての覚書き。

2015.06.29 Mon

▼昔書きかけてたテキストと、用意してた画像を、適当に仕上げて貼り付けるエントリ:

 こう、ハードディスク整理してたら出てきた、昔の書きかけのテキストから、ブライアン・K.ヴォーンの『ミスティーク』vol.1に登場する「エヴァンゲリオンそっくりなセンチネル」の画像と、それについて説明したテキストを、なんの脈絡もなく貼り付けてみるエントリ。

 まあ、たまにはこういう日もある。


 ヴォーンの『ミスティーク』vol.1について説明するのは面倒くさい(というか、あの本について語ると悪口にしかならないので説明したくない)ので、このエントリでも読め。




 初登場時のセンチネルさん。どんだけデカイのよ、このセンチネル。

※イマサラですが、「センチネル」というのは、『X-MEN』に登場します、ミュータント・ハンター・ロボットの総称です。

※ちなみに、こいつが赤と金の塗装を施されているために、一部の方はこいつを「エヴァンゲリオンそっくりのアイアンマン」と勘違いしてたりします。勘弁してください。




 セカンド・アピアランス……だと思う(割とうろ覚え)。ちなみにこのセンチネルは、アメリカ人のトラスク博士が開発したセンチネルを参考に、ソビエト連邦が開発したセンチネルです。機体色が赤いのは、ソビエト製だからです。

 作中では、「冷戦末期、チェルノブイリ発電所の事故により、連邦内にミュータントが増加することを危惧したソビエト政府が、西側のセンチネルを参考に開発したもの」とかいう、無駄にリアルな設定が語られてます。

 でもって、このセンチネルは、ソビエト崩壊後に、キューバに売り飛ばされました。リアルですね(棒)。

 なお、オリジナルはハンマーと鎌が武器として付いてましたが(ソビエトですので)、それらはキューバ政府への納入後に取り外されたそうです。残念ですね(何が?)。




 物語のクライマックスで、キューバの首都、ハバナに棲むミュータントを殲滅するために出撃するセンチネル。巨体にもかかわらず、飛べるのです。ええ。

 ちなみに良く見ると両肩に星マークがついてます。ソビエト製ですからね。ええ。




 さっそうと飛ぶセンチネル。このままでは、センチネルのこうげきでハバナが火の海になってしまう! それをとめられるのはミスティークだけだ!! しかし、センチネルをとめるには、センチネルをうごかしている生体コンピューター(幼女)をころさなければならない! どうする? ミスティーク? ……とかいう、とてもチープな展開が待ち受けております。本当にこれ、ブライアン・K.ヴォーンが書いてるのかよ。

※ちなみに作中ではこのセンチネルは、サディスティックな読者が期待する様な「ハバナの街を火の海に変え、ミュータントを殺害しまくるセンチネル」的な活躍は一切しませんのでご安心ください。

※「ハバナめざして飛んでく」→「センチネルを操作するコンピューター(幼女)がアレされたので、出発した工場にまっすぐ帰還」→「爆発」と、「単なる出来のいい誘導ミサイル」程度の役割しか果たしておりません。その辺の肩透かしなガジェットも、この話が面白くない一因ですが。
  
  
 以上。

 最低限書くこと書いて、貼るもの張ったので、オワル。
  
  
関連記事

コメント

*

ゼロトレの頃だったか、日本を舞台にライディーンの成れの果てレッドローニンさんが久々登場しましたが、よくある表紙サギで活躍しなかった覚えが。
やっぱり巨大ロボには『センチネル・スカッド』の時みたいに体躯相応にギャラクタスさんをぶん殴るくらいはっちゃけたアクションをしてもらわないと! まぁシミュレーターだったけど

*

スパイダーバースにもエヴァ2号機っぽいスパイダーマンがでてきますね。
乗ってるのは女子高生のペニ・パーカー。

*

>ビートルさん
>やっぱり巨大ロボには『センチネル・スカッド』の時みたいに体躯相応にギャラクタスさんをぶん殴るくらいはっちゃけたアクションをしてもらわないと! まぁシミュレーターだったけど

イニシエイティヴ期のウォーマシンは、「説明もなく、気がつくとサイボーグになってました」展開だったけど、その流れで、シークレットインヴェイジョンタイ・インのWar Machine誌で、サイボーグボディの延長端末とか言って巨大ウォーマシンアーマーに乗り込んでスクラル人の宇宙船と戦ってたなぁ。

面白かったからいいんですけど、また、センチネル・スクアッドが間に入っているからそんなに違和感なかったけど、ヒーローを巨大ロボットに乗せちゃう展開は、昔はわざわざマンガバース枠作ってやってたことを考えると隔世の感がありますね。

*

>Humanfly様

最近は緩くもなったけど何でしょうね、頑なに巨大マシンに乗せないこの姿勢は。パシフィック・リムが作られてもイマイチ市民権は得られなかった様ですし。
そのくせ巨大化ヒーローは割りと容赦なしに等身大ヴィランに攻撃するんだよなぁ。ナマモノでないとダメなのか?

>「説明もなく、気がつくとサイボーグになってました」
この字面だけだとなにその鋼鉄ジーグってカンジですな。
あと今週のテレ東アルスパではよりによってエレクトロさんが巨大ロボではっちゃけてました。数週引っ張ったスパイダーバース展開がもうどうでもいいカンジだよ!予告に出てたキャラも気になる!

*

>ビートルさん
>ゼロトレの頃だったか、日本を舞台にライディーンの成れの果てレッドローニンさんが久々登場しましたが、よくある表紙サギで活躍しなかった覚えが。
あの時期ですと『ウルヴァリン』アニュアル'96ですかね。
一時レッドローニン・ブームが来てた時にもろもろ買い集めてたのですが、アニュアル'96だけは何故か縁がなくって、まだ未読なのですが。

>名無しの日本人さん
>スパイダーバースにもエヴァ2号機っぽいスパイダーマンがでてきますね。
SP//drさんですな。オイラ個人は『スパイダーバース』は、まだ触り程度しか読んでないのですが。
エヴァってのは、あんまりメカメカしてなくて、筋肉の延長で描けそうな分、アメリカン・コミックスの作家的には参考にしやすいのかもしれませんね。

>Humanflyさん
>シークレットインヴェイジョンタイ・インのWar Machine誌で、サイボーグボディの延長端末とか言って巨大ウォーマシンアーマーに乗り込んでスクラル人の宇宙船と戦ってたなぁ。
あら、ちょっと読んでみたいかも。

どうでもいいですが、マーベル・ユニバースでヒーローに巨大ロボを絡める場合、かなりく「スタークテックですから!」な感じになりがちですな。
たまにはマッドシンカーとか、ギルバート教授とかに巨大ロボを作らせたっていいでしょうに。地味だから駄目ですか。はい。

*

>たけうち様

>たまにはマッドシンカーとか、ギルバート教授とかに
アンドロイド作りの天才といえばDr.ドゥーム、マッドシンカー、A.I.M.にエンクレーブの連中とか枚挙に暇がないですが、巨大ロボ作りはトラスク以外アナザーバースのドゥームさんくらいしか思いつかないです。

*

>ビートルさん
こう、「巨大ロボを作るつもりはなかったんだけど、色々と詰め込んだら、技術力がないおかげで結果的に巨大なロボになってしまった」枠とかでどうでしょうか。>ギルバート博士@巨大ロボ

こう、最近、ドラゴンマンのオリジンを調べてたら、妙に製作者のギルバート博士が愛おしくなって来てたんで、無理矢理に推してやがりますが。すいません。

コメント投稿

Private

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ironjoe.blog7.fc2.com/tb.php/538-40b07692
この記事にトラックバックする(FC2ユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。