Homeスポンサー広告デッドプール>●最近のデッドプール。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

●最近のデッドプール。

2015.09.23 Wed

▼そういえば、な日々:

 そういえば、数日前に出た「映画秘宝」11月号が、巻頭で『デッドプール』特集をしてるのですが、オイラもちょっとだけテキストを書いたのだぜという、しょうもなき報告。

映画秘宝 2015年 11 月号 [雑誌]
映画秘宝 2015年 11 月号 [雑誌]
洋泉社 2015-09-19
売り上げランキング :


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 これであれだ、「俺も秘宝ライターだぜー」とか、吹聴できるぜー。「映画秘宝の方から来ました」詐欺とかできるぜー(なんだそりゃ)。


▼イマサラ『デッドプール』予告編の話ですが:

 そういや、映画版『デッドプール』って、ウィーゼルとかブラインド・アルとか、あとよりにもよってエイジャックスとか、ジョー・ケリー期のキャラクターがわさわさ出てるのね。

 まあ、今回の映画はデッドプールのウェポンX時代の話メインで、この時期のデッドプールの話って、案外ジョー・ケリー以外に書いてる人がいなさげな印象だから(<印象論でテキスト書くな)、必然的にジョー・ケリー期っぽいキャラクターが登場するのかしら。

 ……映画の公開に合わせて、ハズブロからブラインド・アルとかウィーゼルとか、コミック版エイジャックスのアクション・フィギュアとか、「デッドプールのお家」プレイセット(「ザ・ボックスにブラインド・アルを閉じ込めよう!」)とかが出るのかなぁ(出ねぇ)。


▼わたくしとデッドプール:

 んでまあ、この所、デッドプール絡みの仕事を諸々いたしまて、その過程で己の中の「デッドプール観」について冷静に見つめ返したりしてたのですが、オレはこう、「デッドプールのフェイバリットなライターは?」とかいう質問に、素で「ニシーザとケリー、あとシモーネ」と返すし(プリースト期は最近は好きだと人前でいうのがためらわれるようになったのだ<知らぬ)、「スパイダーマン/デッドプールかい?」とかいう質問に対しては「ケーブル/デッドプールに決まってるじゃねぇか、帰れ」とか、全く素で返すくらいに、老害クラシカル派なデッドプール好きであることに気づいたので、こう、ダニエル・ウェイとゲリー・デュガンの『デッドプール』をきちんと読み返して、ナウいデッドプール好きになりたく思いました。

 こう、ウェイのデッドプールって、連載当時は「これ、連載じゃなくて、ミニシリーズにナンバリングしてるだけや」的な印象で、も少しピーター・ディヴィッドばりの伏線張ってもいいんじゃねぇかなぁ的な思いがあったのですが、完結した今、通しで読んだら違う印象になるのかなぁ、とか思いつつ。

 あ、カレン・バンのデッドプールは割かし読んでるので大丈夫です。


▼どうでもよきオムニバス:

 関係ないですが、最近Amazonが、オレのアカウントにお勧めしてくる単行本に、来年出る『デッドプール・クラシック・オムニバス volume 1』っつーのがありまして。

 この本、第1巻の癖に、収録してる作品が、いきなり『デッドプール(1997)』の#34から(クリストファー・プリースト期から)なのが「なんでやねん」とか思ってたのですが。

 ちょいと調べたら、ジョー・ケリー期は『デッドプール バイ・ジョー・ケリー オムニバス』として既にハードカバー版が出てるのね。

 納得行ったけど、『クラシック・オムニバス』の第1巻が『デッドプール』#34から始まることの違和感はぬぐえないなぁ(知らぬ)。

 ていうか、この『オムニバス』のハードカバーを2冊買っても、『ニュー・ミュータンツ』#99と『デッドプール(1993)』と、『デッドプール:シンズ・オブ・ザ・パースト』が未収録だから、ソフトカバーの『デッドプール・クラシック』第1巻を別に買わなきゃいかんじゃねぇか。なにその中途半端。

 あれか、もしかして『デッドプール バイ・ファビアン・ニシーザ オムニバス』とか出す予定があって、『ニュー・ミュータンツ』と初期『X-フォース』と『ケーブル/デッドプール』をそっちに収録……いや、既に『デッドプール&ケーブル オムニバス』が出てるから、もはやニシーザ縛りで『オムニバス』を作れるほどのマテリアルが残ってねぇか(そもそもニシーザ縛りだと『シンズ・オブ・ザ・パースト』やジェフ・ローブ期の『X-フォース』が収録できないし)。

 待てよ、『X-フォース オムニバス』第1巻には、『ニュー・ミュータンツ』#99も収録されてるから、『ニュー・ミュータンツ』&初期『X-フォース』はこっちでフォローすれば……『デッドプール(1993)』と、『シンズ・オブ・ザ・パースト』と、あとジェフ・ローブ期の『X-フォース』がフォローできてねぇか……。

 結論:ハードカバーで初期のデッドプール網羅するの無理。

 まあ、ソフトカバーで初期デッドプールを網羅するのも無理なんだけどな。前にも書いたけど、初期『X-フォース』はソフトカバー化されてねぇから(ハードカバーは『オムニバス』と『オムニバス』以前に出てたハードカバー版の、2エディションもあるのに)。

 っつーか、『デッドプール・クラシック』はマーベル・デジタル・コミックスで全巻デジタルTPB化されてて(『デッドプール・クラシック・コンパニオン』含む。収録作品はリンク先参照)、その上、マーベル・デジタル・コミックスでは前述の『オムニバス』じゃない方のハードカバー版を定本にした『X-フォース』のデジタルTPBもあるので、デジタル版なら初期デッドプールを網羅できるのよね。実は。

 ミもフタもない結論:時代はデジタル。


▼余談:

 ダニエル・ウェイのデッドプールって、オンゴーイング・シリーズの『デッドプール』以前に、ウェイの『ウルヴァリン:オリジンズ』にゲスト出演した時点で「既存のデッドプールよりも1段階キチガイ」なキャラクター造形だったのが、オンゴーイング・シリーズの開始にあたって「『ウルヴァリン:オリジンズ』をベースに、さらに1段階キチガイのギアを上げた」キャラクター造形になってて、『ウルヴァリン:オリジンズ』を読んでない読者にしてみれば、いきなり2段階キチガイのギアが上がったデッドプールが提示された様なものよね……とか、フト考え付いたものの、そこから話題があんま膨らまかったので、とりあえず、最後に書き捨ててみる。
  
  
関連記事

コメント

コメント投稿

Private

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ironjoe.blog7.fc2.com/tb.php/545-81f7b2d0
この記事にトラックバックする(FC2ユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。