Homeスポンサー広告日記>●最近の海外SFドラマとか映画とか、な日々。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

●最近の海外SFドラマとか映画とか、な日々。

2015.11.16 Mon

▼456123な日々:

『スター・ウォーズ:エピソード7』の公開が近づく今日この頃ですね。

 こう、ここそこのブログだのツイッターだのでは、「若い世代に『スター・ウォーズ』をどの順番で見せるか」とかが話題になってたりもしますが。

 こう、オイラ個人は『スター・ウォーズ』に関しては保守派なモンで、基本的には「公開順」で見せたいですかね。ええ。

 理想としては、「456(劇場公開版)」→「456(特別篇)」→「123(DVD版でいいや)」と、「公開順」に見た上で、最新版(今だとBlu-ray版)を「123456」の順で見返す感じで。全15本見せる、というのでどうか(多いよ)。

 保守派なので「456(劇場公開版)」は外せぬ、外せぬのだ。

 15本見るのが面倒くさい場合は、妥協して「456(劇場公開版)」→「123(DVD版とか)」の6本で。ただし「後々全作の最新版を見ておくこと」という条件付きで(<結局12本じゃねぇか)。


▼伝統に無頓着な日々:

 量販店などで、今やってる『サンダーバード ARE GO』の玩具が並んでるのを見て(※番組は見ておりませぬ)、ふと気付いたのですが、例の黄色くてドリルな救助メカって、未だに「ジェットモグラ」名義なのね。

 こう、個人的に『サンダーバード』という作品にはあんま思い入れとかないので(『スター・ウォーズ』は無駄に保守派なのにな)、あんな半世紀前のネーミングを踏襲しなくても、もはや原語版に忠実に「ザ・モール」でよくね? とかね、思っちゃうのですが。

 ファン的にはアレは、「ジェットモグラでなくては駄目なのだ」的なモンなんですかね。それとも東北新社あたりが「まあ、今までジェットモグラだったから、今回もジェットモグラでいいでしょ」的にネーミングしてるのかしら。

 玩具の商標の取り易さとかを考えると「ジェットモグラ」の方がいいのかね。フム。

 あと、現時点では玩具になってない様ですが「ジェットブルドーザー」もね、ブルドーザーなのにジェットというネーミングもアレなことですし、原語版の「ザ・ファイヤフライ」って名前の方でよくね? とか思うのですけど。

 いや、あんなイカついブルドーザーに「蛍」なんてネーミングをつけるイギリスン(造語)のセンスもどうかと思わないでもないですが(そもそもあいつら、17ポンド砲を積み込んだシャーマン戦車にも「蛍」とか命名するセンスだしな)。

※ざっと調べたところ、日本の蛍が儚げなイメージなのに対し、欧米の蛍は「他の昆虫を喰らうような獰猛な昆虫」だそうで、改良型シャーマンに「ファイアフライ」と命名したのもその辺をイメージしてのこと……らしい。


▼最近のスター・ウォーズ:

 こないだ海外コミックショップから届いた新刊の中に、注文した記憶のないマーベルの新作『スター・ウォーズ:スカイウォーカー・ストライクス』TPBが入ってた。

 多分、注文した当時のオイラは、マーベルから『スター・ウォーズ』の新作コミックが出ることに感銘を受けて、でもコミックブックで注文するほどでもないので、TPBで読もう、とか思ったのかなぁ、と、分析してみた(自分のことだろうが)。

 今軽く調べたら、このシリーズは時系列的にはエピソード4と5の間の話なのね。

 どうりで主要登場人物が若い訳だわ。ルークも美形だし、キャリーも違法な薬物をやってそうな目つきを(略)

 4と5の間はルークとハンの同盟軍内部でのビルディングストーリーとして面白いし、どんな状況下でベイダーがルークを“若きスカイウォーカー”として認識するのか、とか考えるとワクワクしますね。

※一方でルークがどんなに成長しても「ジェダイ・レベル」自体はエピソード5冒頭(ちょっと遠くにあるライトセイバーを引き寄せられる様になったよ!)以上に上げられない、って縛りもあるけどナー。


 以上。毎度オチなどなく。

Star Wars Vol. 1: Skywalker Strikes
Star Wars Vol. 1: Skywalker StrikesJason Aaron John Cassaday

Marvel 2015-10-06
売り上げランキング : 30301


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



  
  
関連記事

コメント

*

サンダーバードはなー、このご時世にミニチュア&CGって発想は頭悪くて好きなんだけど、ユニバーサル版並みに煮え切らないデザインと発進シークエンスでスルスルと動く2号とかのメカの旧版の様な重厚さが感じられないのがなんかガッカリでした。ファイヤーフラッシュを受け止めるエレベーターカーのシーンとか全然手に汗握る感がないんだもん、
あれだ、ヤマト2199で戦艦がスピーディーに動いてんのになんかモヤモヤする感じに似てる。

*

>ビートルさん
あ、新作でもファイヤーフラッシュ号は危機に見舞われるのですか。
ひとまずその回くらいは見てみたいと思います。

実はサンダーバードの「重厚さ」って、子供の頃は「腰の重さ」に見えて、「も少しチャッチャとく発進しろよ!」とか思ってたりもしたので、案外今のサンダーバードが性に合うかも……合わないかも……いや適当な繰り言いってるヒマに見ろよ、という感じですが。

コメント投稿

Private

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ironjoe.blog7.fc2.com/tb.php/551-f2b2f98c
この記事にトラックバックする(FC2ユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。