Homeスポンサー広告どうでもよいニュース>●『スター・ウォーズ』の本が出るよ、な日々。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

●『スター・ウォーズ』の本が出るよ、な日々。

2015.11.26 Thu

 特に更新するネタがないので、ステマでもしようかという日々(堂々と)。

▼『スター・ウォーズ』の本が出るよ、な日々:

 その、本日、パイ・インターナショナルから発売された『スター・ウォーズ アート:ポスターズ』という本がございまして。

 まあ、その名の通り、『スター・ウォーズ』エピソード1~6までの劇場用ポスターを中心に、イベントや美術展なんか用に描かれた、「ポスター」類を中心にまとめた画集ですな。

 要するに、コレ。

スター・ウォーズ アート:ポスターズ
スター・ウォーズ アート:ポスターズルーカスフィルム

パイインターナショナル 2015-11-26
売り上げランキング : 11264


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 その、この本の本文を、例によって小池なんとかさんが、翻訳したみたいよ、と。

 なのでまあ、なんとなく、この本が、金銭に、もとい、琴線に触れた方は、すかさず上のアフィリエイト・リンクをクリックして、この本を買うといいです。さあ。

 特に触れなかった人も、とりあえず、上のアフィリエイト・リンク経由でAmazonで買い物すると、俺が得するのでそうしましょう。しましょう(もはやステマというより居直り強盗)。


「まあ、翻訳といっても画集なんで、そんなにテキストは多くないのですが」

 おや、これは、ゲストの小池なんとかさん。

「作業的なメインは、巻頭の序文と、巻末のアーティスト・プロフィールでしたね」

 左様ですか。

「ちなみに、ポスターの作品データで『ジェダイの復讐』と『ジェダイの帰還』の2つの表記が混在してますが、原文ママで訳しております」

 ほう。

「おそらく原文では、エピソード6の製作初期に描かれたイラストについては『Revenge of the Jedi』表記で、公開前後に描かれたものは『Return of the Jedi』表記にして、使い分けてたっぽいので、まあ、ママで訳しました」

 ……ディズニーの監修で、全部『帰還』に統一させられてたりして。

「それは、まあ、ディズニーさまの意向ですので(まだ見本誌が手元にないので、実物でどうなっているのか解らないのです)」

 その他、何かございますか。

「今回の本は、様々な国のアーティストの作品が集まってる画集なので、“各アーティストのカナ表記”に一番気を使った感じですね」

 ほほう。

「とりあえず、世界中の人名だの地名だのを現地の人が発音してくれる、howtopronounce.comというサイトが非常にありがたかったです。このサイトがなければ、名詞類のカナ表記の精度はかなりションボリなことになっていたと思います」

 インターネット万々歳ですね。

「まさしく」

「あと、収録作家の1人にLouisさんって人がいましてね」

 はい。

「当初は深く考えずに英語風に“ルイス”と表記してたのですが、その後プロフィールのテキストを訳した折に、“この人、フランス系カナダ人だ”と、気付きまして、カナ表記をフランス語風の“ルイ”に修正した、とかいうこともありました」

 気付いてよかったですね。

「はい。ギアッチョさんに怒られるところでした」

 解りにくいボケはやめて下さい。

※ギアッチョ:『ジョジョの奇妙な冒険』第5部に登場するキャラクター。Parisはフランス語の発音に倣って「パリ」と呼ばれるのに、Veneziaはイタリア語の「ヴェネツィア」ではなく英語表記のVeniceに従って「ベニス」と呼ばれることに怒っていることで有名。


 では最後に一言。

「『スター・ウォーズ』関連の書籍に関われたことは、ファンとして法外の喜びでした」

 公開順ですか? エピソード順ですか?

「断じて公開順です」

 ありがとうございました。



「……画集ってガイマン賞にノミネートするかしら」

 そのネタはもういいです。
  
  
<適当に完>
  
  
関連記事

コメント

コメント投稿

Private

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ironjoe.blog7.fc2.com/tb.php/553-4973457e
この記事にトラックバックする(FC2ユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。