Homeスポンサー広告どうでもよいニュース>●これからのDCコミックス。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

●これからのDCコミックス。

2007.06.19 Tue

▼これからの日々:

 こう、「ウィザード・ワールド」コンベンションで、諸々のDCコミックスの「これから」が提示されてますな。

 っつーわけで、気になった発言を、適当にまとめてみた。 

※要は今後の展開のネタバレなんで、読みたい人だけ「続きを読む」を押しやがれ。(※)

 ちなみにネタ元は、この辺。
http://www.wizarduniverse.com/magazine/wizard/004851880.cfm
http://www.wizarduniverse.com/magazine/wizard/004845695.cfm
http://www.comicscontinuum.com/stories/0706/16/dcupanel.htm
http://www.newsarama.com/heroes_philly07/DC/sat/dcu.html
http://www.newsarama.com/dcnew/Sept07/solicitations.html

(※)「http://ironjoe.blog7.fc2.com/blog-entry-63.html」の方に直接飛んできてる人は、「続きを読む」ボタンが表示されないので注意だ。
……今更遅いけどな。

追記:なんや知りませんが、この記事にやたらスパムコメントが付くので、この記事のコメントを不可にしました。
▼『フラッシュ:ザ・ファーステスト・マン・アライブ』、今月出る第13号で打ち切り:

 ……いや、確かに、オリジンストーリーに半年もかけた上に、話としては不完全燃焼のまま進んでいくしで、『フラッシュ』の名を冠しながら、実にスローモーなシリーズで、面白いか面白くないかで言えば……だったけど、1年で見切るってのは、なぁ……。

 とりあえず、現行の新ローグスのストーリーラインは、マーク・ウェイド作の『オール・フラッシュ』スペシャルに継続。フラッシュの物語は、その後『フラッシュ』 (vol. 2)第231号(引き続きウェイドが執筆)に継続って、……なんだ、その出戻りブリは。ドラ息子が実家のスナックを居酒屋に改装したけど、すぐに経営が傾いて、結局、親父さんが店長に復帰して頑張ってるウチの近所の居酒屋か、お前は<わかりにくい。

 っつーか、こう、過去のシリーズのナンバリングを引き継いで新シリーズ始動ってのは、もはや『フラッシュ』の伝統芸なのか(※シルバーエイジに創刊された『フラッシュ(vol. 1)』は、ゴールデンエイジの『フラッシュ・コミックス』最終号からナンバリングを継続。なので、第1号が存在しない)。
 あと、現行の『JLA/JSA』クロスオーバーが、フラッシュにとっても重要なイベントになるんだとか。
 個人的に、今更ウェイドが復帰されても、とか思わないでもないけど、ジェフ・ジョーンズが復帰して、またぞろ殺伐とした話になるよりは、まぁ、マシかも。
  
  
▼グリーンアローとブラックキャナリーついに結婚:

 ジュド・ウィニック作の『グリーンアロー/ブラックキャナリー:ウェディング・スペシャル』が刊行。ラストになんだかサプライズが待ち受けてるとか。

 あと、『JLA:ウェディング・スペシャル』も出るそうで。で、こっちは誰が結婚するのか。……『ジャスティスリーグ・オブ・アメリカ』第0号で、確かハルの結婚式のシーンが数コマ出ていたけど、アレか?
 メジャーキャラの結婚式って、テンペスト&ドルフィン以来かね?
  
  
▼ドウェイン・マクダフィーが、『ジャスティスリーグ・オブ・アメリカ』の新ライターに:

 上記の『JLA:ウェディング・スペシャル』と前後して、マクダフィーがブラッド・メルツァーに代わり『JLA』の新ライターに。アーティストのエド・ベネスは残留。

 個人的に、メルツァーのストーリーラインは、「サプライズはあったけど、だから面白いかと言えば、微妙。つか、ダラダラしすぎ」な感じだったんで、まぁ、ほどよい所で引いてくれるのは良いか、と、思った。

 新ストーリーラインでは、インジャスティスリーグが復活する模様(……って、どのインジャスティスリーグ? <まぁ、ギフェン版じゃないことは確かだ)。
  
  
▼『カウントダウン』絡みの特別号2冊刊行:

 1つは『カウントダウン・トゥ・アドベンチャー』。アダム・ストレンジ、アニマルマン、スターファイアの3人がメイン。また最近登場した謎の女性キャラクター、「フォアランナー」の詳細がバックアップで語られるとか。彼女は、謎の集団モニターズに関係するキャラクターな模様。まぁ、ハービンガー(旧『クライシス』に登場したモニターの使徒)みてぇなキャラクターかしら。

 もう1つの特別号、『カウントダウン・トゥ・ミステリー』は、ドクター・フェイトとエクリプソ(バックアップ)の話。

『カウントダウン』絡みの増刊号は、過去のDCのコミックのタイトルにちなんでる、っつーことは、「ストレンジ」とか、「シークレット」とか「アンエクスペクテッド」とかも出るのかしらん?
  
  
▼『カウントダウン・プレゼンツ:ザ・サーチ・フォー・レイ・パルマー』全6号ミニシリーズ:

 タイトル通り、2代目アトムを探すお話。捜索するのは、新ユニット「チャレンジャーズ・オブ・ザ・ビヨンド」。メンバーは、ドナ・トロイ、カイル・ライナー、それにジェイソン・トッド!?

 新世界“52ワールズ”を巡るお話な模様。ライターは、カイル君の生みの親、ロン・マーズ。第1話は、いまや「アース50」となった、ワイルドストーム・ユニバースが舞台。

 ちなみに、52ワールドの中には、クライム・シンジケートの住むアース、それに、エルスワールズ「バットマン:ブラッドレイン」の世界観を拡大した、「DCヒーロー全員吸血鬼」なアースもある模様(<ゾンビに対抗して吸血鬼かよ!)
 ちなみに過去DCから出版されていた、マイルストーン・コミックスと、インパクト・コミックスの世界は、52ワールズには含まれない模様。

 あと、カイル君の新オンゴーイングシリーズの予定はあるけど、具体的なトコまでは進んでないとか。とりあえず、カイル君は、『グリーンランタン』の「シネストロ・コーズ」ストーリーラインと、『カウントダウン』には深く関わるんだってさ(<どうせパララックスに取り憑かれる、とかじゃねぇの?)

 ……どーでもいいけど、こないだまでやってたロン・マーズの『イオン』全12話は、1年間「思わせぶりなホノメカシを次々振るだけ」で、「続きは『グリーンランタン』と『カウントダウン』でね♪」っつーオチで、「なんたるファックだ」とか思ったんですが、この『レイ・パルマー』もそんな感じだったら、ナッツを9トン送りつけてやるので覚悟しとけ。
  
  
▼『スーサイド・スカッド』新シリーズ:

SS01.jpg

 9月から開始の全8イシューのミニシリーズ『スーサイド・スカッド:ライズ・ザ・フラッグ』。ライターは、スカッドの父、ジョン・オストランダー! Yeah!
 とりあえず表紙には、デッドショット、ナイトシェード、ブロンズタイガー、それに初代キャプテン・ブーメランの姿が(つまり、ブーメランの生前の時期が、舞台であるわけね)。

 っつーか、『スーサイド・スカッド』ファンなら、この表紙を見ただけで、今回のお話が、『スーサイド・スカッド』(vol. 1) 第26号に関連したお話であることは瞭然でしょうが(<解らねぇ、普通)。

 ま、要するに、『チェックメイト』現行シリーズで、まさかの復活を果たしたリック・フラッグが、『スーサイド・スカッド』(vol. 1) 第26号で行方不明になって以降のお話を書きつつ、一方で、(おそらくはフラッグが率いる)新スーサイド・スカッドの活躍も描く、という、実にワクワクするお話。

 っつーか、回想とはいえブーマーバット(※『スカッド』でのキャプテン・ブーメランのアダ名ね)とウォーラーとの絡みを再び見ることができるとは(涙)。
 ……できれば、ギフェン版の『スーサイド・スカッド』(vol. 2)とかも、オストランダー流に料理して、取り込んでくれると嬉しいなぁ。

 そういや、11月に『ショーケース・プレゼンツ:スーサイド・スカッド』出るけど、この新シリーズのタイアップだったのね。でもこの単行本、事実上の『スカッド』第0話である所の、『シークレット・オリジンズ』第14号が未収録なの点には、激しく抗議したく(もしかしたら、『ショーケース・プレゼンツ:フーズ・フー』に続いて、『ショーケース・プレゼンツ:シークレット・オリジンズ』でも出す気なのか?)
  
  
▼ミニシリーズ&新シリーズ大攻勢:

 まず8月には『メタルメン』ミニシリーズが。作:ダンカン・ロウルー。メタルメンは微妙にデザインが変わるとか。とりあえず、グダグダになってるオリジンや、チームの歴史も整理される模様。まぁ、1990年代のジョン・バーン版ミニシリーズの改訂版オリジンはなかったことになるんじゃないでしょうか。

 次いで9月には、『アンクル・サム&フリーダム・ファイターズ』の第2のミニシリーズが。作:ジミー・パルミオティ&ジャスティン・グレイ、画:レナート・アーレム。『カウントダウン』と密接なつながりを持つ模様。ファントムレディの予期せぬ秘密が明らかになる、とか。

 さらに、現ワンダーガール(キャシー)も初の単独のミニシリーズを獲得。現行の『アマゾンズ・アタック!』ミニシリーズの終了後、9月から『ワンダーガール:チャンピオン』全6号ミニシリーズが開始。作:J.トーレス、画:サンフォード・グリーン。「ま、とりあえず、ワンダーガールは『アマゾンズ・アタック!』を生き延びるってわけさ」だってさ。

 あと、これも9月には作:ピーター・ミリガンの『インファニティ・インク』創刊。『52』に登場した、新インファニティ・インクのその後を描くお話。どうやらオンゴーイングシリーズ?

 その他、新『クエスチョン』もミニシリーズが予定。『ドゥーム・パトロール』は新シリーズの企画はあるけど、当分先。
  
  
▼『カウントダウン』のバックアップには、ヴィランたちのオリジン・コミックスが掲載:

『52』ではヒーローたちのオリジンが掲載されてたのを受けて。将来的には、双方のオリジンをまとめて単行本にする予定なんだとか。
  
  
▼『ジャスティスリーグ/ヒットマン』進行中!:

 うわぁ、凄ぇ読みてぇ。
 作・画はもちろんガース・イニス&ジョン・マックレア。全2話。
 時系列的には、『ヒットマン』最終回以前の話かしらん(まぁ、別にコンティニュティを気にするような作品じゃねぇけど)。

『ヒットマン』作中での、スーパーマンとの邂逅や、「ワンダーウーマンのコスチュームの下を覗きたいがためにJLAのオーディションに参加」あたりのネタを、きちんと踏まえてくれると嬉しいなぁ。
 あと、バイター様とシックス・パックは出てくれるかなぁ。
  
  
▼ディブニー夫妻は、今後もDCUに登場するらしい。

 らしい。
  
  
Showcase Presents: The Elongated Man 1 (Showcase Presents)
Showcase Presents: The Elongated Man 1 (Showcase Presents)Various

DC Comics 2006-07-06
売り上げランキング : 520867


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

  
  
関連記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ironjoe.blog7.fc2.com/tb.php/63-08329192
この記事にトラックバックする(FC2ユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。