Homeスポンサー広告日記>●どうにもない日常。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

●どうにもない日常。

2007.10.30 Tue

▼どうでもいい感慨:

 こう、今更カートゥーン版『ティーン・タイタンズ』を見る機会があったんですが。
 とりあえず、原作にゃそれなりに目を通してる俺的に、一番驚いた点は、ブラックファイアさんが萌えキャラになってる上にスターファイアと(表面上は)仲良し姉妹だった、っつー点ですか。

 原作者のマーヴ・ウルフマンから「ブラックファイア? 彼女はスターファイアの真逆のキャラクター、一言でいえば“スーパービッチ”だ」とかいわれてるくらいのアレな人じゃないですか。それがアニメ版ではえらく丸くなったなぁ、と。

 コミック版のブラックファイア様(本名:コマンダー)っつーと、タマラン星の王家の第1子として生まれながら、幼い頃に大病を患ったせいで空が飛べなくなり(タマラン星人は太陽エネルギーを吸収して空が飛べるんです)、全国民から「あんな身体が不自由な子は女王になるに相応しくない」とか、白い目で見られたあげくに性格がゆがみ、妹を鉄拳制裁したり、妹のペットをくびり殺してウサを晴らすような人じゃないですか。


▲(左端)コミック初登場時(回想シーンだけど)のブラックファイア様。精悍な眉毛と不遜な態度が将来を感じさせます。(中央)幼いスターファイアのペットをブチ殺すブラックファイア様。(右端)元気に空を飛ぶスターファイアにニヒルな視線を送るブラックファイア様


▲「俺様が飛べないと笑いやがった」生意気な妹を、両手が血で染まるまで制裁を加えるブラックファイア様。

 でー、10代になるかならないかの頃に、妹を暗殺未遂。それが失敗するや、タマラン人の仇敵シタデル人の元へ逐電、タマラン星の防衛情報を洗いざらいブチまけて、シタデルにタマランを占領させちまうし。あげく、タマラン-シタデルの休戦協定の条項に「スターファイアをタマランから追放して奴隷にすること」ってな条項を盛り込んで、妹を自分の奴隷にしたりするし。


▲10代前半の多感な時代を姉の奴隷として生活するスターファイアさん。「奴隷として1年間重労働→ブラックファイアの元に戻され、しばらく慰み物になる→また1年間奴隷として売り飛ばされる」の繰り返しを6年間。……この後、奴隷船から逃げ出して地球に逃亡、ティーン・タイタンズに加入、っつー感じのハードな10代を過ごしますが。スターファイアさんは。<むしろ、タイタンズ加入後の方がハードですかそうですか。

 あげく、シタデルの指導者を暗殺、シタデルとタマラン双方の支配者になろうとするも、色々あってシタデルからは追放、けど、両親を後見人とすることでタマラン星の女王になることに成功したり。
 けど、悪に転じたレイヴンの差し金で、タマラン星は爆発。ブラックファイアは生き残ったタマラン星人を率いていずこかの星に移住したり。
 さらに、ニュー・タマラン星は「ファイナル・ナイト」事件でサンイーターに襲われて壊滅、ブラックファイアは生死不明になったり(かろうじて生き残ったタマラン人は紆余曲折あってスターファイアを新女王に迎えたり)。
 かと、思いきや、「ラーン・サナガー・ウォー」で残存タマラン人と共に9年ブリに再登場してホークウーマンをブチ殺したり、ホークマンとドツきあいをしたり。

 ……すいません、箇条書きにして書いてるだけでお腹一杯になってきたんで、この辺で。


 ちなみにブラックファイア&スターファイア姉妹の下にはもう1人、ライアンダーっていう弟がいるんですが。たしか最近、コミック版『ティーン・タイタンズ・ゴー!』にゲスト出演してた。


▲『ティーン・タイタンズ・ゴー!』版ライアンダーさん。ネットから適当に拾ってきました。コミック版のほうのデザインもまぁ、大体同じ。

 この人、コミック版では甘やかされの末っ子かと思いきや、「ファイナル・ナイト」事件後にニュー・タマランの生き残りを率いて他のベガ星域の可住惑星を侵略、戦況不利と見るや、タイタンズを騙して侵略戦争に加担させようとする、良く考えたら姉貴並に悪辣かもしれない人でして(でも、タイタンズの尽力で事態が収集した後、「お前は指導者に向いてない」とか言われて、スターファイアに指導者の座を取られちゃうのが末っ子の悲しさ)。

 が、こないだまでやってた『オメガメン』ミニシリーズをまとめて読んだら、この“貧弱な坊や”ライアンダーが、神にも等しい力を手に入れて(詳細忘れたけど重力か電磁力か強い力か弱い力のどれか1つを司るパワーを得てたような)、その名も「ダークファイア」とか改名してて、そのあまりの変貌っぷりにアゴを外しました。


▲現在のライアンダーさん。人が変わった、というより、人じゃなくなりました。


 結論としては、タマラン星人の王家にだけは、生まれるもんじゃないですな(なんだそりゃ)、とかいいつつ、トリトメもなく、オワル。
  
  

  
  
関連記事

タグ:タイタンズ

コメント

コメント投稿

Private

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ironjoe.blog7.fc2.com/tb.php/82-f695749c
この記事にトラックバックする(FC2ユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。