Homeスポンサー広告日記>●最近のマンガ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

●最近のマンガ。

2007.11.01 Thu

▼最近のマンガその1:

 どうなんだろ、これは。

 その内、クロスオーバーとかすんのかな。

「クライシス」みてぇなイベントとか、すんのかな。

 ……各作品が軌道に乗るか乗らないかの頃に終わる? ごもっともで。


▼最近のマンガその2:

 講談社のマンガ雑誌「モーニング増刊 モーニング・ツー」を買って、モーニング国際新人漫画賞の受賞作品を読んだ。

 大賞受賞作品は、こう、技術が高くて、実にソツがなくマンガを描いてて、「よろしいんじゃないでしょうか」以外の感想は思い浮かびませんでした。すみません。

 個人的には、どっちかってぇと副賞のマレーシアからの応募作品の方に惹かれるものがありましたが、見せ方の技術が足んねぇ感じで、まぁ大賞はやれないわな、とか。


 むしろ、大賞受賞者の受賞コメントの方が(リンク先参照)、アメリカのコミック界においてジャパニーズなスタイルを選択した作家の生の声として、非常に、非常に面白かったですが。……すいません、最近の俺ってば、コミックよりもコミック作家のプロフィールを読む方が好きっつー、「資料バカ」になっちゃったんで。

 出来れば、全応募作品読みてぇなぁ。山の有り様を知るには、山の頂点だけ見るんじゃなく、なるべく多く山を歩くのが、一番手っ取り早いじゃねぇですか。

 だから、応募作品全体を読んで、その傾向――どの国からの応募が多かったのか、各作品の内容の傾向は、コマの構成やセリフの密度はどこまでマンガよりなのか、作業分担はどの程度しているのか、あと、審査員はどんな価値基準で審査してたのか、なんてのを、皮膚感覚で掴みてぇな、と。

 ま、それを知ったところで、別にソコからナニガシカの論なりを引き出す気はなくて、「うむ、なんとなく、こんなモンだってことは解った」とか、自己満足するだけなんですが。


 ……次回の賞は、オープンな体制にして、ウェブ上なりで応募作品全部が見れて、閲覧者が投票できる、っつーのはどうか。普段日本のマンガしか読んでない人でも、「このマンガにゃ萌えが足りない」とか、普段の価値基準で審査さすの。

 で、その審査員コメントを全部読むと、今の日本のマンガの読者が何に基準を置いてマンガを読んでるのかが解って、非常に面白いだろなぁ、と、俺は思うねん。<結局、そういう資料が読みたいだけか、お前が。


 いやね、こんだけ特殊な立ち位置のマンガ賞って、それ自体がとても面白いドラマだと思うねん。

 などと、受賞作品の論評とかはなんもナシで終わってみる。
  
  
関連記事

タグ:アメリカのマンガ

コメント

*MANGA

いつも楽しんで読ませていただいてます!

「モーニング国際新人漫画賞」へのたけうちさんのご意見、
審査員長に伝えておきますね。

ところで、最近こちらで訳していただいてる「PULP」からの一連のインタビューの記事で気づいたんですが、「PULP」HPってなくなっているんですね。チナ・クラグストン、ベン・ダン、アダム・ウォーレンなど、こちらで訳していただいたインタビューは本当に面白かったです!

今さらですが「PULP」買っときゃ良かった~、と後悔してます。

*

おお、松本久志と馬場民雄が描くのかぁ。読んでみっかなぁ。

*ショウケースみたいなのも欲しいなぁ

ヒーロー物に拘っていない辺りに期待が出来そうじゃないすか!

*

ネット環境の無いトコに3日程泊まってまして、レス遅れましてすいません。

>ceenaさん
どうも、お久しぶりです。
受賞作品の翻訳の方、お疲れ様でした。
上で書いてることは、まぁ大部分がタワゴトですが、
全作品とは言わないまでも、なるべく多くの受賞作品が見れるような体制は
やはり欲しいかな、と。

PULPは、WEBアーカイブでも閲覧できなくなってるのが痛いです。
実本は、Milehigh Comicsで割合売ってますが、1冊5ドル位するのと、
インタビューなんかの活字記事が、何号に載ってるのかが解らないんで、
手を出しかねてます。

>Humanflyさん
オイラ的には、『格闘新世紀GO BOUT!』でおなじみ(……古参チャンピオン読者しか
おなじみじゃないだろ)の、松本レオが気になってますな。

>ロヒキアさん
こう、日本人がまっとうなヒーローものを書くと
「お約束」ギャグに逃げるか、グリム&グリッディな話にしかならないんで、
割と「ハスした」方に持ってってるのが、ちょいと良いかな、と。
日記では「続かないだろ」とか書いちまいましたが、それなりに期待して読もうと思ってます。

コメント投稿

Private

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ironjoe.blog7.fc2.com/tb.php/84-d3abd652
この記事にトラックバックする(FC2ユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。